リフォームビギナーズ
ガルバリウム

金属系サイディングメーカー「アイジー工業」のガルスパンとは?

金属系サイディングのメーカーとして有名なのが「アイジー工業」です。

金属系サイディングの市場シェアではアイジー工業がトップ。続いて窯業系サイディングでも有名なニチハ、旭トステム外装と続いています。

金属系サイディングメーカーのシェア割合

出典:リフォーム産業新聞

アイジー工業の金属外壁材はガルスパンと言って、ガルバリウム鋼板にフッ素樹脂塗装などが施されています。

金属系サイディングメーカーシェアNo1「アイジー工業」について

アイジー工業は金属系サイディングメーカーのシェアNo1で、2017年にグッドデザイン賞を受賞した「SF-ビレクト」シリーズや、タイル調が美しいナチュラルシリーズなどがあります。

無印良品の家で最も代表的な「木の家」の外装もアイジー工業のガルスパンが採用されています。

金属系サイディング外壁の「MUJIの家」金属系サイディング外壁の「MUJIの家」

アイジー工業の金属サイディングパネルの特徴

金属系サイディングはサビに弱いという欠点がありましたが、ガルバリウム鋼板が使われるようになって、サビへの耐食性が飛躍的に向上しました。
断熱性も向上しており、省エネに加え、CO2削減にも貢献しています。

デザイン面も、今では木目柄から人気のスパン柄まで豊富になっていますが、アイジー工業の貢献度が高いようですね。

画像出典:アイジー工業のサイディング

アイジー工業の金属系サイディングの特徴

アイジー工業のサイディングの特徴としては、立体的デザインが豊富で、カラーバリエーションも多数用意されています。

金属系サイディングを外壁リフォームで検討している方には、候補に入れるべきメーカーだと思います。

グッドデザイン賞受賞のSF-ビレクト

アイジー工業のSF-ビレクト

金属系サイディングでもカラーバリエーション豊富!

カラーバリエーション12色展開のシリーズもあり、メタリックな印象にも、ナチュラルな印象にも合わせられる外壁づくりが可能になっています。

SF-ガルスパンJのカラーバリエーション

アイジー工業の金属系サイディング

サイディングのサンプルを見るときの注意点

実際に外壁リフォームに使いたいデザインが見つかったら、サンプルを見る際の注意点があります。

それは、小さなサンプルを見たときよりも、実際の家の外壁に使った際は大きさや色味、デザインの凹凸などが異なって見えるという点に注意することです。

同じようなデザインの家が近くにあれば、ぜひ見学させてもらいましょう。

施工事例を公開しているリフォーム業者であれば、実際に訪問させてくれるかどうか、写真などで確認することができるかどうか聞いてみましょう。

一度外壁リフォームをし始めてしまってから、想像と違った!ということになっても、やり直すには相当な期間と金額がかかります。

そのまま不満な気持ちで毎日自宅を見るのも嫌だと思います。

リフォーム業者とデザインの相談をしているときには、実物大でチェックできるか?施工例が見られるかどうか?などを確認してみてくださいね。