リフォームビギナーズ
サイディング

サイディングのコーキングを修理したい!雨漏り・ひび割れの原因にもなるコーキングの劣化について

サイディングのコーキングを修理したい!雨漏り・ひび割れの原因にもなるコーキングの劣化について

コーキングというと、壁の目地のところを埋めている素材のことです。

早い場合であれば5年前後。遅くても10年も経過すると、ほとんどの場合は傷みだしてしまいます。

我が家もだいぶ劣化してシワが寄っているように見えていました。これは早急に対処しないと危険なんだそうです。。。

コーキングの修理をしないとどうなる?

コーキングの劣化は、主に紫外線や外気・風に当たり続けることによる劣化、それと地震で揺れるときの衝撃も原因になっています。

サイディングパネルをつなぎとめる役割とともに、地震のときの揺れを吸収してくれる働きもあるんですね。

少し柔らかい素材のコーキングなのですが、劣化してしまうと固くなります。

シワが寄っているように見えたり、ひび割れが入っていたり、壁の目地から離れてしまっているケースもあるんですね。

コーキングの劣化

そうなると、すぐにでも補修する必要がでてきます。
なぜなら、そこから雨水が侵入して壁の内部を濡らしてしまい、カビが発生したり、木材を腐食させてしまったりするからなんです。

雨漏りは屋根から天井に流れ込んで上から降ってくるものと思っていましたが、雨水の危険は屋根からだけじゃないんです。

雨漏りは外壁からも発生する危険があるんですね。

外壁コーキングの寿命はどれくらい?

コーキング・シーリング補修外壁に使われているコーキングの寿命は、早い場合であれば5年前後。遅くても10年も経過すると、ほとんどの場合は傷みだしてしまいます。

実はサイディングを外壁材として使う場合に、一番最初に再リフォームが必要になるのが、このコーキングの部分です。

近頃は地震が多くなっていたり、台風や豪雨被害が増えていて、外壁をきちんとしていないと雨漏りや壁の剥落など、他人事では済まない状態になってきていますよね。。。

ちょっとしたヒビ割れから雨水が侵入して、壁の内側からカビが発生し、家の内部をボロボロの状態にしてしまうこともあり得るんです。

早急に修理する必要があるんですね。

あわせて読みたい
コーキングとシーリングの違いって何?
コーキングとシーリングの違いって?なにが違うの?リフォームビギナーな私、コーキングとシーリングってなにが違うの? 調べてみました。 コーキングとシーリングの違いってなに? ...

コーキングの修理をするうえで注意するポイントは?

外壁のコーキングを修理しようとする際に注意したいポイントをご紹介していきます。

サイディングの目地・コーキングを補修する費用の目安は?

サイディングの目地を補修する費用は?

一番気になるのが修理費用の面ですよね。

目地だけを補修すればOKだとだいぶコストは安くなりますが、それでも本当に大丈夫なんでしょうか?

実は、コーキングの修理だけの作業を依頼する事例もあるようです。

また、コーキングの修理だけを頼む場合でも、今ある古いコーキングを撤去して新しくコーキングを目地に打ち込む方法(打ち替え)と、古いコーキングの上から新しいコーキングを重ねる方法(増し打ち)の2種類があります。

コーキングの修理費用は?

  1. コーキング材料費(修理する目地の本数や長さで計算)

    コーキング材:約700~1,200円/m

  2. 作業人件費
  3. 2階以上の外壁は足場設置費

ご自宅の面積や高さによって作業費用は変わってしまうので、あくまでも目安の価格ですが参考にしてください。

コーキングのみ修理する場合の費用の目安

<作業方法①打ち替え>

  • 古い目地のコーキング材を撤去して新しく打ち込む方法
  • コーキング作業費(※12万6千円〜)+既存コーキングの撤去費(約1~3万円)+足場設置費(約15~20万円)

<作業方法②増し打ち>

  • 古いコーキングの上から新しいコーキングを重ねる方法
  • コーキング作業費(※12万6千円〜)

※一般的な2階建ての住宅に合計180mの施工をした場合、
(700×180=) 12万6千円 ~ (1,200×180=) 21万6千円

コーキングを新しく打ち替える際のメリット・デメリット

古いコーキングの撤去をしてから新しいコーキングをしなおしする場合のメリットとデメリットはこちらです。

費用は高くなりますが、再度修理するまでの期間がのびますので、家を長持ちさせるためにはこちらがおすすめです。

  • 新しいコーキングになるので、柔軟性も戻り5〜10年耐久性がある
  • 撤去費がプラスされるので修理価格がアップする

古いコーキングの上から塗り重ねる増し打ちのメリット・デメリット

今あるコーキングの上から新しいコーキングを重ねる方法のメリットとデメリットはこちらです。

今の外壁のコーキングの上から、新しいコーキング材を塗って重ねてしまう手法です。

工事費用が抑えられるメリットはありますが、古いコーキングが剥がれてしまうと一緒に取れてしまったり、すでにコーキングの隙間から水が侵入している場合には、やがて壁の内側がボロボロの状態になってしまう可能性があります。

  • 施工時間やリフォーム価格を抑えられる
  • 劣化が早く2~5年程度で再修理する必要がある

コーキングと一緒に外壁も塗り替えや張替えをする場合のメリットとは?

コーキングの修理と外壁補修工事を同時に頼むメリットコーキングの修理だけであれば、必要になるの材料費と工賃ですが、外壁材も一緒に修理する場合は、やはりそれなりに高くなってしまいます。

しかし、メリットはとても大きく、トータル的なコストパフォーマンスはむしろ上だったりします。

何故かと言うと、コーキングの寿命はだいたい5〜8年くらい。
外壁材の寿命は種類にもよりますが、だいたい7〜8年くらい。

同じくらいに寿命が来てもおかしくないんです。

そして一番の理由は「足場を組むのが1度で済むから」です。

工事費用の中でももっともコストがかかる足場。しかしこれがないと高所の作業はできません。
どうせ足場を組むのなら1度に外壁や屋根の修理も一度にしてしまえば、何回も足場設置費用を支払う必要がなくなるのです。

コーキングの劣化が見えてきたら、一緒に外壁材や屋根の修理もしてしまう人が多いのはこの理由からなんですね。

あわせて読みたい
外壁リフォーム業者おすすめランキング
外壁リフォーム業者おすすめランキング!相見積もりがとれる3社を比較!外壁リフォーム業者をきめるうえで、いちばん大切なのは相見積もりをとること。 相見積もりとは、同じ条件で見積もりを複数業者に出してもらっ...
あわせて読みたい
リフォーム業者選びのポイント
リフォーム初心者が失敗しない業者選びの注意点4つ外壁をリフォームする際に注意したいのは、どんな業者が工事をしてくれるのか?という点です。 悪徳業者にひっかかって、高いお金を払ったのに...

コーキングの修理はDIYでできるの?

もし、自分で目地の1部分だけを補修しようということだと、ホームセンターでも材料を購入することができます。

これは部分的な補修をする人向けになると思いますが、700円くらいで買えるようですね。

コーキング補修材カインズホームの商品例

自分で補修するのはやはり「その場しのぎ」という感があります。

気になる部分はなおせても、劣化は家の外壁全体に広がっていきます。

やがて全体をリフォームしなければならなくなりますので、いずれはきちんとリフォームする必要がでてきます。

また、手の届かない高所の作業には危険があります。はしごを登って屋根を登って作業をして、落下したら大変ですよね。

自分で外壁の目地を修理しようとするなら、応急処置にとどめ、きちんとした業者に修理の依頼をするようにしてくださいね。

信頼できる業者に頼むためには

外壁リフォーム業者選び信頼できるリフォーム業者に工事を依頼するために必要なのは、情報収集です。

リフォームする家の状態によって金額が変わるため、相場が決まっていないリフォーム業界で高額な工事費用をふっかけられる可能性をなくすためには、相見積もりといって複数社から作業見積もりをしてもらうことが一番大切です。

最も手っ取り早く相見積もりが取れる方法が、比較サイトを利用する方法です。

外壁塗装のヌリカエ
塗装業者を探す人(ユーザー)と塗装業者をつなげるマッチングサービスが、ヌリカエの役割です。

直接業者とやり取りするのが怖い方、気になることがある方はヌリカエのスタッフが間に立ってくれますので安心してください。
外壁リフォームにどれくらい予算が必要か?工事期間は?どんな業者がいるの?様々な質問に答えられる専門スタッフが相談にのってくれます。

 
おすすめ度
対応可能エリア 日本全国
入力フォームの項目数 「建物種別」「ご依頼の理由」「塗装箇所」「延べ床面積」「所在地」
※すべて選択式
おすすめポイント 業者との直接のやり取りや断りの連絡をするのが苦手な人にも安心なヌリカエの見積もり依頼。
ヌリカエ所属の専門スタッフが間に立って、業者に連絡・手配をしてくれます。
リフォーム業者へのキャンセルもヌリカエのスタッフへ依頼できるので、女性や年配の方にも安心して依頼していただけます。

詳細ページへ公式サイトはこちら

あわせて読みたい
外壁リフォーム業者おすすめランキング
外壁リフォーム業者おすすめランキング!相見積もりがとれる3社を比較!外壁リフォーム業者をきめるうえで、いちばん大切なのは相見積もりをとること。 相見積もりとは、同じ条件で見積もりを複数業者に出してもらっ...
あわせて読みたい
リフォーム業者は地域密着型がおすすめ?良い業者の選び方外壁塗装の依頼をするのは「地域密着型」の業者が良いって聞いたのですが、なんででしょう。メリットなどを考えてみました。 地域密着型の外壁...
あわせて読みたい
リフォーム業者選びのポイント
リフォーム初心者が失敗しない業者選びの注意点4つ外壁をリフォームする際に注意したいのは、どんな業者が工事をしてくれるのか?という点です。 悪徳業者にひっかかって、高いお金を払ったのに...